物事を改善するにはまずは新たな手法の言葉を知り、現状の状態と理想の状態の差分を認識し、乖離を埋めるように動き、改善する必要があります。ここでは、最新の物流改善の手法で使われている用語を紹介します。トラック物流に関わる方はもちろん、荷主の方も運賃やトラック輸送業界の仕組みを知ることに役立ちます。

ヘッドホール

ヘッドホールとは、隣接する街や地域など短い距離が目的地の貨物のことを指します。運送会社は一般的にヘッドホールでの案件を中心に予定を組んでいくことがセオリーです。その理由は2つあります。1つ目は、距離が短いので目的地への到着時刻の見通しが立てやすいためです。目的地への距離が遠くなればなるほど到着時刻が道路状況に左右されるため、延着のリスクが大きくなっていきます。2つ目は、目的地が近いので帰りの移動距離が短くなることです。帰りで貨物を積むことができず、トラックの空積載の走行距離が長くなってしまうと、運送会社の損失は距離に比例して肥大化していきます。

バックホール

バックホールとは、帰路の途中で集荷する貨物、つまり帰り荷のことです。バックホール貨物は通常、元々の予定である集荷先や配達先に向う途中で、配車係によってドライバーへ依頼されます。awunでは、もう1人の指揮者を採用するという感覚で、道中で条件の一致する帰り荷の貨物があれば、ドライバーや配車係に通知することができます

デッドヘッド

デッドヘッドとはバックホールと反対の状況で、帰りで貨物を得られずに営業所へ戻ることを表します。これは、運送会社にとっては、燃料や人件費を無駄にしてしまうため、最も避けたい事態です。状況によってはデッドヘッドがドライバーの給与に影響を及ぼすこともあります。

awunで取り入れる最新のトラック輸送システム

awunは、中長距離の配達を終えたトラックがバックホール貨物を効率よく取得できるようになるサービスです。awun独自の強化学習アルゴリズムによってトラックの営業所への帰路の途中で最も上限に合う貨物の通知がドライバーになされます。awunを利用することにより、最新の輸送システムへと体制を改革することが実現できます。awunスタッフは、中長距離ドライバーのデッドヘッド件数を0にすることを目指して、日々サービスの改善に取り組んでいます。

参照

ミルクラン方式

ヘッドホール、バックホール、デッドヘッド


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です